EeePCで高解像度まとめ。

 EeePC900だの901だの出てきている昨今。とは言え、実質的に国内で入手できるのは701なわけで、まだまだ701のネタを。

 EeePC701でAsTray Plusを使ってみる。
 AsTray Plusは、主に画面解像度を変更するツール。
 EeePC701の解像度は800*480と低く、これを高解像度へ変更するために使用。
 導入のための情報自体はネット上にいくらかあるものの、バージョンの違いによって導入方法が異なるなど、今から導入しようとすると、ややわかりにくい印象は否めない。
 できるだけ少ない手順で、できるだけ簡易に安定して使用したいと思いつつ色々試した結果、ようやく安定して使える状態が見えてきたんで、覚書。

方向性
 デフォルトのAsTray.exeを、AsTray Plusに置き換えて使用。(AsTrayにあるカメラ機能の項目がAsTray Plusにはないので注意)
 グラフィックドライバはデフォルトのものをそのまま使用。(ドライバの入れ替えなどは一切行わない)
 元の状態に簡単に戻せる。

参考サイト
 http://d.hatena.ne.jp/marshmallow_man/20080413
 http://wiki.eeeuser.com/astrayplus
 http://forum.eeeuser.com/viewtopic.php?id=18260

用意するもの>
 AsTray+1.3.7.zip(AsTray Plus 1.3.7)
 (http://www.mediafire.com/?2zxawczx2l9 ←あたりから「AsTray+1.3.7.zip」をDL)

手順
1)「画面のプロパティ」>「設定」>「詳細設定」>「モニタ」の「このモニタでは表示できないモードを隠す」のチェックを外す。

2)タスクマネージャから「AsTray.exe」を手動で終了させる。(←警告メッセージが出るが気にせず終了)

3)C:\Program Files\Asus\EeePC ACPI フォルダを念のためフォルダごとコピーして別の場所に保存。(←バックアップ用。問題が発生したら該当のフォルダを丸ごと削除して、バックアップしていた分をコピーして戻すため)

4)DLしておいた「AsTray+1.3.7.zip」を解凍。中身のファイルを全部C:\Program Files\Asus\EeePC ACPI フォルダ内に上書きコピー。

5)「ファイル名を指定して実行」に「msconfig」を入力、起動。
 「スタートアップ」タブの「igfxpers.exe」と「igfxtray.exe」のチェックを外す。

6)再起動を求められるので素直に再起動。

7)AsTray Plusが(AsTrayの代わりに)タスクトレイに起動している。
 タスクトレイのアイコンをクリックして任意の解像度を選択。(画面全体を縮小してモニタ内に収めるには、SettingのDownScalingにチェックを入れる)


 以上で、通常解像度で起動し、起動後任意の解像度に”手動で”変更する環境ができたことになる。このままで使ってもいいし、以下を追加してもいい。
 以下は「起動時に、予め設定しておいた任意の解像度に自動的に変更するため」の追加の手順。


8)AsTray Plusをクリックしてメニューを出す。もしSettings>Save Last Modeにチェックが入っている場合はこれを外す。
 Settings>Configurationを起動。「BaseMode=」と書かれた行を探す。
 「BaseMode=」の後ろに続けて「起動時に自動変更させたい解像度」を記述する。(詳細後述)
 Configurationを保存して終了。(メモ帳により開いているはずなので、普通に上書き保存すればOK)

9)C:\Program Files\Asus\EeePC ACPI フォルダのAsTray.exeへのショートカットを作り、スタートメニューの「スタートアップ」に登録しておく。(ドラッグ&ドロップ)

10)「ファイル名を指定して実行」に「msconfig」を入力、起動。
 「スタートアップ」タブの「AsTray」のチェックを外す。(「AsTray.exeへのショートカット」のはチェック入れたまま)
 保存して、再起動したら完了。


 自分の環境でAsTray Plus 1.3.7を使った場合、SaveLastModeとBaseModeが両方とも有効な状態になっていると、AsTray起動時に画面全体が固まり操作不能になる現象が起こることがあるため、SaveLastModeはオフにしている。
 また、手順の9と10は一見無駄なように見える。が、自分の環境ではこれをしないと極まれにAsTrayの起動時に画面が固まることがあるため、入れている。(各環境に合わせて取捨選択を)
 要はAsTray Plusによる解像度変更のタイミングをやや後ろにずらすことで、安定して解像度を変更できるようにしている、つもり。実際上記の手順で設定して以降、問題は発生していない。
 (別のツールを使うなどして起動タイミングを調整しても可能だとは思う。お好みでどうぞ)

※Configuration変更の注意点
 行の頭に「; 」が付いていたらその行はコメントとして見なされ、設定としては反映されない。
 「; 」を削除すると、設定が有効となる。全て半角の英数文字で入力すること。
※BaseModeについて
 BaseModeは、AsTray Plusが起動した際に指定の解像度に変更(修正)してくれる項目。(=AsTray Plusにとっての基本解像度) 初期状態ではこれの指定が800×480になっていて通常の解像度と同じなので、任意の数値を入力する必要がある。
 記述例: BaseMode=900,540,32,60
 ↑この場合「900×540の解像度、色数32ビット、リフレッシュレート60」の意。
 リフレッシュレートは60で固定。AsTray Plusによる高解像度においては、色数は16ビットにした方が良いとされている向きもあるようだが、私の環境では32ビットで問題は発生していない。確かに色数の少ない16ビットの方が画面処理が軽くなるんではないかという気もするので、この辺りはお好みで。
 記述・指定できる解像度は決まっているので、AsTray PlusのQuick Switchあたりを見て判断を。
※デフォルトのAsTrayとAsTray Plusとを併用することも可能らしい。


その他
 覚えておいたほうがいいかも知れないいくつかの内容。念のため追加。
 AsTray Plusの各種設定については「AsTray.ini」に詳細な記載がある。一通り目を通しておくといいかも。
 あと、今回いじったことにより、デスクトップを右クリックして呼び出せる「グラフィックプロパティ」「グラフィックオプション」は正常に機能しない場合があると思われる。(細かく検証はしていないが情報を取得できていない項目などがあった。いじる際には慎重に)
 また、設定変更など行なったことで、起動時に必ず固まるとか問題が発生した場合、セーフモードでOSを起動し設定を戻すことで解決できる可能性がある。
 以下方法。
 PCの電源を再投入し、OSが起動を始める前に「F8」を押すことで、OSの起動方法を選択できる。
 黒い画面に白文字でいくつか起動モードなど選択肢が提示されるが、セーフモードを選択すればOK。
 適切なユーザーアカウントでログインするとAsTray Plusが起動していない状態になっているので、AsTray.exeのあるフォルダの中の「AsTray.ini」ファイルをメモ帳で開き書き換えて再起動。
 (これに限らずいろいろ問題が発生した際に最低限の状態でOSを起動できるので、F8のセーフモードは問題解決の手段として覚えておいてもいいかも)

 何にせよ自己責任で。




追記 2008/07/23 22:55:41
 手順の9)と10)について。
 最近、以前に取っていたバックアップを書き戻して環境を少しクリーンにしたんだが、手順の9と10の辺りをやってないのに、起動時のフリーズが発生しない。
 思い当たる節がないわけでもなく、以前と今回とで違いがあるとすれば、セキュリティソフト。
 以前はavast!を入れてたんだが、どうにも重い上にうっとおしいんで、今回はAVGを入れている。
 ひょっとしたら、以前の起動時にフリーズする現象はavast!が悪さをしていたのかも。
 AVGを使っている現在、問題は起きていない。

 よって、上記手順の9と10は、AVG環境では不要、かも知れない。





ジャンル : コンピュータ

テーマ : Eee PC

コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


eee pc 701その4

3.astray plusの導入 これに関しては、RHSさん、マシュマログ6さんを参考にさせていただいた。有り難い限り、感謝感謝。 (下の囲みは同じFC2のRHS...


| TOP |

プロフィール

Author:ユキオカ
映画とゲームとあれこれ。覚書集。

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク